カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

店長コーナー

地震防災ネット

当店は被災者で運営する「非常持ち出し袋」販売専門店です。専門家は日本列島は地震の活動期に入っていると警告しています。ぜひ早めに地震の備えをされることをお薦め致します。

店長日記はこちら

Feed

  • RSS
  • ATOM

二次災害を防ぐために

地震発生後の二次災害は絶対に避けなければいけません。こんな時どう行動したらいいのか?それぞれの注意点についてご紹介します。

火災から身を守る

火災で最も怖いのは煙です。実際に炎が見えていなくても、短時間で呼吸困難や意識障害を引き起こします。 万が一、火災が発生した場合は、煙を吸わないよう、口や鼻を衣類(ハンカチ)でおさえ、低い姿勢で迅速に避難して下さい。震災後の火災原因の多くは、停電復旧後の「通電火災」です。一時避難の際は、ガスの元栓を閉めることに加え、ブレーカーを落として避難するようにして下さい。

帰宅困難者にならないために

大地震が発生した場合、決して無理な帰宅はせず、1日〜2日は学校や職場にとどまるようにして下さい。街中では、ビルからのガラス片や看板が道路に散乱し、交通渋滞も発生しています。多数の群衆が押し寄せることにより将棋倒しに巻き込まれる恐れもあります。長時間の徒歩帰宅は想像以上に大変です。事前に帰宅ルートを把握し、オフィスや学校に非常持ち出し袋やヘルメット、歩きやすい靴を備えておくと安心です。

液状化がおきたら

道路が泥水で覆われているときに外出するのは非常に危険です。道路の陥没や亀裂に気付かずに大怪我をする可能性があります。液状化が発生した場合は、自宅にとどまり、できるだけ上層階へ避難して下さい。 液状化は同じ場所に繰り返し発生する傾向にあります。埋立地や河川・海岸沿いにお住まいの方は、事前に自治体のハザードマップを確認しておきましょう。

津波警報が出たら

地震が起きると通常よりも地盤が弱くなります。その後、余震が続いたり、一定量の雨が降った場合は、土砂災害を警戒する必要があります。山鳴り、斜面の亀裂や小石の落下、湧水の変化があれば注意が必要です。土砂災害は「横に逃げる」が鉄則です。少しでも遠くに逃げたいとの思いから、崖に背を向けて逃げてしまいがちですが、巻き込まれる恐れがあります。

土砂災害が起きたら

誰の指示も待たず、少しでも高い場所へ一刻も早く避難して下さい。その際、車は極力使用しないで下さい。 また、津波が引いた後も、津波警報が解除されるまで自宅に戻らないで下さい。「津波被害者の半数が、一度避難して助かったにもかかわらず、自己判断で危険な場所に戻り津波に巻き込まれた」との報告結果もあります。

当店は防災グッズ専門店です。40点の防災グッズが入った人気の非常持ち出し袋は、累計1万人以上がご利用頂いたロングセラー商品です。最新モデルは津波対応のリュックになっており、荷物を入れたまま大人が水に浮かぶことができます。ぜひ一度お試し下さい。