カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

店長コーナー

地震防災ネット

当店は被災者で運営する「非常持ち出し袋」販売専門店です。専門家は日本列島は地震の活動期に入っていると警告しています。ぜひ早めに地震の備えをされることをお薦め致します。

店長日記はこちら

Feed

  • RSS
  • ATOM

防災セット準備のポイント

災害大国の日本。これまでの地震予測に加え、大型台風や土砂災害、さらに火山の噴火等、いつどの場所で災害が起きてもおかしくはないといわれています。すでに、ご家庭やオフィスに防災グッズをまとめてリュックやカバンに入れている方も多いと思いますが、準備してから何年もそのままになっていませんか?
防災対策は日々進化しています。防災セットの効果的な準備方法について、今一度確認してみましょう。

防災セットの事前準備

震災直後は室内が散乱し、精神的にもパニック状態となるため、地震が起こってから非常持ち出し品を準備することは、非常に困難を極めます。阪神大震災や東日本大震災の被災者からも、着の身着のままで何も持ち出せなかったという声を多く耳にしました。当店では、防災セットの中身を一覧表にしてありますので、これらを参考にしながら、ご家庭の事情にあわせたもの(予備の眼鏡・持病の薬・オムツ・スキンケア用品等)を随時追加し準備して下さい。防災セットに加え、スニーカー、ヘルメット等があると避難時に役に立ちます。

防災セットを保管する場所

防災セットを一ヶ所にまとめて保管した場合、家具の転倒や、建物の一部が壊れて取り出せなくなる可能性があります。そのため、用途に応じて分散して保管するようにしましょう。まずは「寝室の枕元」、次に「脱出口近く」が基本です。あなたは玄関から避難しますか?それとも勝手口やベランダから避難しますか?玄関ドアや窓が歪んで開かなくなることも頭に入れ、脱出経路を事前にシュミレーションしておきましょう。あとは、外から取り出しやすい場所、例えば、自家用車のトランクや物置を活用するのも効果的です。押し入れや戸棚にしまいこんだままにならないようにしましょう。

外出先でも防災グッズの準備

災害は自宅にいる時に起こるとは限りません。オフィスや学校にも防災セットの備蓄がすすんでいますが、通勤・通学途中や買い物の最中にも被災する可能性があります。そこで、オススメするのが、外出中も「防災グッズ」を持ち歩くこと。通勤バッグやランドセルに常備しておくと、いざという時に安心です。負担にならない範囲内で、「緊急用ホイッスル」「LEDライト」「防煙フード」「ウエットティッシュ」「絆創膏・マスク」「チョコレートや飴」等があると重宝します。また、身元確認用や携帯電話が使えなくなる場合に備え、「緊急連絡カード」を財布や定期入れの中に忘れずに常備しておいて下さい。

当店は、防災グッズを取り扱う専門店です。人気の「非常避難袋 安心40点セット」には非常食や保存水、携帯トイレ、ダイナモラジオなど防災に役立つアイテムがパッケージされています。みなさんの防災対策にぜひお役立て下さい。