カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

店長コーナー

地震防災ネット

当店は被災者で運営する「非常持ち出し袋」販売専門店です。専門家は日本列島は地震の活動期に入っていると警告しています。ぜひ早めに地震の備えをされることをお薦め致します。

店長日記はこちら

Feed

  • RSS
  • ATOM

部屋別の地震対策

阪神大震災の死因で最も多かったのが「圧死」です。家屋の倒壊や家具の下敷きになって多くの方が命を落とされました。
東日本大震災では、津波がクローズアップされましたが、都市部の直下型地震では、むしろ落下物で怪我をしたり、障害物が妨げになり脱出できないリスクの方が高くなります。

防災というと防災グッズや食料の備蓄を中心に考えがちですが、今回は、備蓄と同様に地震対策の基本となる「家具の転倒防止」と「避難動線の確保」を意識しながら、部屋の中の安全対策について考えてみましょう。

リビング・ダイニング

リビングは家の中心にあることが多く、避難動線からみて重要な場所です。反面、家族がともに時間を過ごし、来客をもてなすこともあるため、自然と飾りや「モノ」が増えやすい場所になります。特に、テレビやガラス製品、雑貨類に注意が必要です。

  • ・テレビを壁に固定/・雑貨類の落下対策(配置と素材見直し)/・窓ガラスや壁飾りの飛散防止対策
  • ・つり下げライトのコードを短く/・間接照明の安全性確認 /・ソファやテーブルを安全な場所へ

寝室

就寝中に地震が起こるとすぐには行動できないため、安全対策を万全にする必要があります。
特に、大型家具には最大限の注意を払い、逃げ道をふさいだり、体の上に倒れてこないように配置して下さい。
また、枕元にテレビや額縁、エアコンが落ちてこないよう注意が必要です。

  • ・照明はシーリングランプ推奨/・背が高い家具や照明は置かない/・テレビや雑貨類の落下に注意
  • ・ガラスに飛散防止や厚手のカーテンを/・枕元に懐中電灯・履物・着替え

子供部屋

子供が長い期間を過ごすため、タンス・本箱・机などの家具、さらに小物類も自然と増えていきます。
日頃から整理整頓に努め、いざという時の身の守り方について話し合っておくことが重要です。

  • ・ベッド側に倒れる家具の配置確認/・本棚や学習机上棚の固定と飛び出し防止/・小物類の配置見直し
  • ・照明器具の見直し(割れにくいもの)/・枕元に懐中電灯・履物/

キッチン

キッチンは自宅で一番危険な場所です。狭い空間に重さのある冷蔵庫やレンジ、割れやすい食器やガラス類が所狭しと並んでいます。また、包丁などの刃物や滑りやすく引火しやすい油も大きな事故の元になります。
逃げ道をふさがれたり、怪我をすることがないようレイアウトの見直しや転倒防止対策を行いましょう。

  • ・冷蔵庫やレンジの固定/・開き扉や引き出しにはストッパー設置/・調味料や小物類の収納
  • ・高い所に物を置かない/・食器棚の滑り止め用マットやガラス飛散防止対策

一度に全ての対策を行うのは難しいかもしれませんが、期限を決めてしっかりと見直すようにして下さい。

当店は防災グッズの専門店です。ロングセラー商品「安心40点防災セット」の他、地震対策グッズも各種取り揃えており、テレビの転倒防止器具や冷蔵庫や電子レンジを固定する防災グッズが人気となっております。家の中の見直しとあわせてご検討下さい。