カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

店長コーナー

地震防災ネット

当店は被災者で運営する「非常持ち出し袋」販売専門店です。専門家は日本列島は地震の活動期に入っていると警告しています。ぜひ早めに地震の備えをされることをお薦め致します。

店長日記はこちら

Feed

  • RSS
  • ATOM

飲料水の備蓄について

人間の身体はそのほとんどが水分で構成されています。仮に食事を摂れなくても水のみで2〜3週間は生存可能ですが、水なしではわずか4〜5日で命を落とします。このため、いつか起こる震災に備え、非常持ち出し袋の他、飲料水をご家庭やオフィスに備えておくことが非常に大切です。

備蓄の基本

備蓄の基本は日常使用しているものを多めに購入し、使うたびに補充することです。ペットボトルやウォーターサーバーを利用しているご家庭は、日頃から多めにストックし使った分を補充します。また、水道水を利用しているご家庭は、ポリタンクにストックしておく方法もあります。この場合、飲料水として使用できるのは3日程度なので、それが過ぎたら生活用水として使用しましょう。ただ、ポリタンクへの詰め替え作業が煩わしいのも事実ですので、市販の長期保存水との併用をおすすめします。

1日に必要な水の量は?

平常時では、食事からある程度の水分を摂取できます。しかしながら、災害時は食事から十分な水分を摂取できなくなる恐れがあり、水の配給もすぐに始まるとは限りません。このため、自分と家族の必要量をあらかじめ確保しておく必要があります。目安として、1日あたり大人で3リットル、子供で1.5リットル。仮に、大人2人・子供2人の家族4人で10日間と想定した場合、90リットルの飲料水が必要となります。 また、入浴・調理・洗濯・トイレ等の生活用水については、4人家族で1日1000リットルもの量になるため備蓄でまかなうのは不可能です。可能な限り水を使わずに生活する方法を考えましょう。

水の保管場所は?

先述の飲料水の試算を市販の保存水にあてはめてみると、約8ケース相当(1ケース12リットル)となるため、保管場所も考慮する必要があります。1か所に保管するとなると、置き場所に苦労するかもしれませんが、空きスペースを活用して分散保管する方法もあります。ベッドの下やクローゼットの端、トイレ、バスルーム、洗面台等、どこかしらにデッドスペースがあるはずです。各部屋に水があれば、閉じ込められた場合も生きの延びることができ安心度が高まります。

水の運搬は?

非常持ち出し袋や備蓄に加えて、給水車から飲料水を運ぶためのポリタンクは別途準備しておく必要があります。エレベーターが停止していたり、給水場所から距離がある、さらには女性や子供にも手伝ってもらうこともあります。 このため、大きなもの1個よりも、小さなものを複数準備しておくことをおすすめします。折りたたみ式タイプの給水タンクが、場所をとらずに保管でき大変便利です。

当店の防災用飲料水は、これまでの5年保存から7年保存に期間を延長しております。これにより賞味期限管理やコスト面の負担軽減が図られ、オフィスや各種施設、さらに自治会や管理組合の災害備蓄品として数多く採用頂いております。人気の「非常避難袋安心40点セット」におきましても、7年保存の水と非常食をセットにしております。非常持ち出し袋や保存水をご検討の際は、地震防災グッズ専門店の当店におまかせ下さい。