カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

店長コーナー

地震防災ネット

当店は被災者で運営する「非常持ち出し袋」販売専門店です。専門家は日本列島は地震の活動期に入っていると警告しています。ぜひ早めに地震の備えをされることをお薦め致します。

店長日記はこちら

Feed

  • RSS
  • ATOM

今からできる地震対策

地震災害は突然やってきますが、次は自分が・・とはなかなか思わないものです。
阪神大震災経験者の私達スタッフですら、時間とともに危機感が薄れていることに驚かされます。
以下に、実体験をふまえた地震対策や備えをご紹介しますので参考にして下さい。
防災対策というと、すぐ防災用品を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、
「まず家の中を安全に、次に防災グッズを揃えましょう」
地震の時、まず命が助かることが何よりも大切です。


家具の固定・寝室内の見直し

大型の家具は大地震では「凶器」になります。落ちるというより飛んできます。
特に寝室で寝ている時、地震が起きた場合に大型家具があると非常に危険です。
阪神大震災では住宅や家具などによる圧死で亡くなられた方が多数おられました。
できるだけ大きく高さのある家具は置かないようにしましょう。

<家具対策のポイント>
●寝室内の配置見直し●家の中に安全なスペースを作る●家具の安全な配置と転倒防止
●家具は壁や柱にぴったり重心は後ろ●玄関や廊下に家具は置かない

もっと詳しく知りたい方は→「家具の配置を確認しましょう」(サイト内ブログ記事)


ガラスや食器に注意!

家具の固定を万全に行い、家具の下敷きになることを免れたとしても安心してはいけません。地震直後に素足で家の中を歩き回り、ガラスや食器の破片で足を怪我される方が多数発生します。

<家具対策のポイント>
●食器棚や収納棚のチェック(開き戸ストッパーの設置検討)
●ガラス飛散防止(ガラス飛散防止フィルムや網入りガラスを採用(防犯効果も)
●お酒類(ビン類)や置物は高い場所に置かない(臭いと掃除が大変です)


非常持ち出し品のリストアップ

家具やガラス・食器類の対策が終わったら、次に非常持ち出し品のリストアップです。
非常持出品や備蓄品は、一度に持ち出せなくても構いません。建物倒壊の危険性がないようであれば後から取り出すこともできます。また賞味期限や季節による気温差もあるため、半年に一度は中身をチェックできれば理想的です。予備のメガネ(コンタクト)や貴重品は忘れがち。自家用車がある方はガソリンは満タンにしておくと避難場所として重宝します。備蓄食料は日頃食べているものと専用の非常食をうまく組みあわせることがお薦めです。

<非常持ち出し品のポイント>
●全て持ち出さなくてもOK●一次持ち出し品と二次持ち出し品の整理●
●社会的弱者の方への配慮(薬や介助用具・衛生用品・特別な食事等
●家族や自宅環境にあわせた持ち出しリストの作成・実際の準備
もっと詳しく知りたい方は→「非常持ち出し品 何が必要?」(サイト内ブログ記事)


家族で防災会議を!

避難場所や連絡方法の確認、特に一人で外出するお子さんがいる家庭では日頃から十分に確認しておきましょう。
非常事態時に行方不明になった場合、探し出すのは困難です。特に昼間に被災した場合は、自宅以外にも学校や職場等、家族みんながバラバラになる可能性が高くなります。

<防災会議のポイント>
●家族内での役割分担●危険場所のチェック●家具の配置と転倒防止対策
●非常持ち出し品のチェック●いざという時の連絡方法と連絡場所の確認

もっと詳しく知りたい方は→「家族で防災会議をしましょう」(サイト内ブログ記事)


参考 「もし大地震が起こったら?」(サイト内リンク)