カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

店長コーナー

地震防災ネット

当店は被災者で運営する「非常持ち出し袋」販売専門店です。専門家は日本列島は地震の活動期に入っていると警告しています。ぜひ早めに地震の備えをされることをお薦め致します。

店長日記はこちら

Feed

  • RSS
  • ATOM

マンションの防災対策

マンションでの暮らしは、立地・設備面から非常に快適なものですが、ひとたび大地震が起きれば状況は一変します。電気・ガス・水道などが止まれば、食事もままならず、トイレやエレベーターも利用できません。都市部では人口の過密ゆえに救援物資も生き届かず、まさに孤立無援の状態です。すでに多くのご家庭で防災セットの準備がなされていますが、さらに防災力を高めるため、マンション全体での防災対策をご紹介致します。

災害対策本部

大規模災害時の被害を最小限にするためには、初動体制が非常に重要です。被災後、迅速に機能させるためには、日頃から災害時の役割分担を明確にしておくことが必要です。情報係(安否・被害確認)、消火係、避難誘導係、救援救護係、生活支援係(トイレ・備蓄品)など、マンションの規模や設備にあわせて設置します。また安否確認や救助を円滑にすすめるため、居住者名簿もあわせて作成しておくようにしましょう。

危機管理マニュアル

危機管理マニュアルは、災害時の心構えや行動指針を明記したものです。上記の役割分担に加え、事前に運用ルールを決めておけば、災害時の混乱を軽減できます。記載内容は「災害時の連絡方法」「居住者の安否確認」「建物の安全確認」「非常用設備利用や物資配給」などですが、詳細はマンションの立地や設備によって異なります。形骸化させないために居住者全員で共有し理解をすすめましょう。

防災備蓄品の準備

災害発生時には、マンションのみならず地域全体が被災するため、公的援助もしばらくは受けられなくなります。このため、居住者全員で協力のうえ、自分たちで負傷者救出や応急処置、消火活動、避難生活を送る必要があります。防災備蓄品の保管場所や利用方法について、相互理解を深めておきましょう。

防災訓練の実施

防災訓練は、防災意識を高める絶好の機会です。避難訓練のみならず、様々な場面を想定しながら実施しましょう。季節や時間を変えながら、備蓄品の試用、安否確認等を実際に行い、マニュアルをより実用的なものに改訂していきます。無意識に身体が動くまで繰り返し行うことで、住民全体の防災力が高まります。必要に応じて、非常用設備の見学ツアーや防災セミナーを行うのも効果的です。

これまでご紹介した防災対策が実際に機能するかは、「住民同士のコミュニティがいかに形成されているか?」にかかっています。戸別単位で防災セットや非常食を備蓄すると同時に、日頃から交流を深めておくといざという時に安心です。防災グッズ専門店の当店でも、人気の防災セットをはじめ、長期保存水・非常食やトイレを、マンション管理組合やオフィス備蓄にご利用頂く機会が増えております。防災対策にぜひご検討下さい。