カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

店長コーナー

地震防災ネット

当店は被災者で運営する「非常持ち出し袋」販売専門店です。専門家は日本列島は地震の活動期に入っていると警告しています。ぜひ早めに地震の備えをされることをお薦め致します。

店長日記はこちら

Feed

  • RSS
  • ATOM

災害時の備蓄食料と調理方法

大規模災害の後は食料の調達が困難になります。特に人口が過密状態にある都市部では、避難所での配給や外部からの支援をうけることも難しく、自宅で長期の滞留生活を強いられることとなります。今回は、日常的な食生活の延長線として、通販の防災グッズがお役に立てる「災害に備えた食料備蓄」について考えてみましょう。

備蓄食料に必要な栄養素

人間の生命維持として栄養素を考えた場合、大きく分けて、?体を動かすエネルギーになるもの(炭水化物)、?体をつくる材料になるもの(たんぱく質・脂質)、?体調を整えるもの(ビタミン・ミネラル)の3つが必要となります。震災時は主に?を中心として配給が行われますが、避難生活も数日が経過すると、??の不足による栄養失調に陥ります。自宅で食料の備蓄を行う場合は、非常食に加え、市販の缶詰やサプリメントを活用しながら、栄養バランスも考えるようにしましょう。

ローリングストック法

通販でご購入頂ける非常食は種類も大変豊富になりましたが、賞味期限の管理が少々ネックとなります。そこで、日常生活をベースに災害時の食を考える「ローリングストック法」を取り入れる方が増えています。といっても、特に難しいことは必要なく、お米・乾物・乾麺・レトルト食品・缶詰といった常温保存できる食品を防災グッズとして多めに保管するだけです。奥にしまいこまず、普段の食事で使用し減った分を買い足します。備蓄量の目安として最低限「家族の人数」×10日間以上はストックしておくと安心です。また、心配な在庫管理のポイントは、いつも同じ場所にストックし、新しいものは後ろに収納することです。在庫量も一目でわかり、賞味期限切れも防止できます。

災害時の調理方法

ライフラインが停止した非常時とはいえ、調理用の熱源はなんとか確保する必要があります。温かい食事は人を元気にさせる効果があり、医療機関に頼れない状況では食中毒を絶対に発生させてはいけないという事情もあります。特に小さなお子様がいるご家庭は、粉ミルクを溶かすお湯を70度以上にすることが必要です。一番使いやすいのはカセットコンロです。燃料となるガスボンベも多めにストックしておきましょう。 また水が使えないため、食器や調理器具を洗うこともできません。まな板は使わずキッチンハサミやスライサーを活用、ビニール袋や手袋での汚れ防止、調理器具はウエットティッシュでふきとり、食器はラップをかぶせて使用するなど、衛生管理と節水を意識した工夫が必要です。

日頃から周到な準備と経験を積んでおけば、不自由な避難生活でもストレスをかなり軽減できます。防災グッズ通販専門店の当店でも、「火を使わない発熱剤」をパックにした非常食セットや防災グッズセットの人気が高まっています。あわせてご活用下さい。