カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

店長コーナー

地震防災ネット

当店は被災者で運営する「非常持ち出し袋」販売専門店です。専門家は日本列島は地震の活動期に入っていると警告しています。ぜひ早めに地震の備えをされることをお薦め致します。

店長日記はこちら

Feed

  • RSS
  • ATOM

入浴中に地震がきたら

・洗面器やタオルで頭を守り、鏡や窓から離れます。空間の柱が多く倒れることは少ないので、落ち着いて、揺れが収まるまで待ちましょう。

・ドアや窓を少し開けて、逃げ道も確保しておきます。裸でいる間は窓ガラスや鏡の破片に注意しましょう。


トイレにいたら

・家の中では比較的安全な場所なので、あわてて外に飛び出さないで下さい。

・手で頭を保護し、ドアや窓は脱出用に少し開けておきます。

・頭上にタンクがある構造のトイレは、落下するおそれもあるので早めに脱出しましょう。


就寝中にきたら

・布団や枕などで頭を守りながら、転倒のおそれがある家具(タンス、鏡台など)からできるだけ離れましょう。

・ベッドで寝ている場合は迷わずベッドの下にもぐり、揺れがおさまるのを待って下さい。


台所で調理中にきたら

・すぐに火が消せる場合は火の始末を!

・ただし、大きな揺れの場合は身を守ることが最優先です。

・テーブルなどの下にもぐり、なべ、お盆、クッションなどで頭を保護して下さい。

・揺れがおさまったら火の始末をします。

・床に飛び散った熱湯やコップ、皿、茶碗などの落下物にも注意して下さい。

子供やお年寄りと一緒にいたら

・大きな揺れの場合、子どもはパニック状態に陥り、予想外の行動をとることがあるので注意しましょう。

・手をつなぐ、抱きかかえるなど絶対にそばを離れないようにし、たえず声をかけて安心させてください。

・病人やお年寄りの場合も、同様に声をかけて不安感を取り除いてあげて下さい。


参考 「もしも外出先で被災したら・・・」(サイト内リンク)