カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

店長コーナー

地震防災ネット

当店は被災者で運営する「非常持ち出し袋」販売専門店です。専門家は日本列島は地震の活動期に入っていると警告しています。ぜひ早めに地震の備えをされることをお薦め致します。

店長日記はこちら

Feed

  • RSS
  • ATOM

車を運転していたら

・地震を感じたら、徐々に車を左へ寄せてエンジンを停める。

・揺れが収まるまで車外へ出ない。カーラジオ等で情報を得る。

・避難するときは、車にエンジンキーを付けたままで、ドアロックをしない。

電車に乗っていたら

・急停車することもあるので、つり革や手すりにしっかりとつかまる。

・電車が止まったら、係員の誘導に従って落ち着いて行動する。

・あわてて、非常ドアコックを開けたり、窓から車外へ出たりしない。

海岸や崖付近にいたら

・速やかにその場から高台などへ避難する。

・ラジオや場内広報で津波情報を聞く。

・津波情報が解除されるまで絶対に低所や海辺に近づかない。


地下街にいたら

・構造上つぶれる心配はなく、出口も一定間隔にあるので全部がふさがることもないので、落ち着いて、ガラスや照明器具を避けて壁や柱の陰に身を寄せる。

・停電になっても非常用照明がすぐ点くので、落ち着いて係員の誘導に従う。

・火災が発生したり、煙が出てきたときは、鼻や口をハンカチ等で覆い、身をかがめて避難する。

映画館・劇場にいたら

・揺れが収まるまでイスの間にしゃがみ込み、頭を守る。

・揺れが収まってもあわてて出口に行かず、係員の誘導に従う。

・火災が発生したり、煙が出てきたときは、鼻や口をハンカチ等で覆い、身をかがめて避難する。

・エレベーターは動いていても乗らないで、階段やエスカレータを使う

百貨店・ショッピングセンターにいたら

・倒れやすいショーケースから離れて、カバンやバッグなどで頭を守る。

・近くの丈夫な机などの下に潜り込むか、はしらや壁際に身を寄せる。

・あわてて出口に行かず、係員の誘導に従う。

・火災が発生したり、煙が出てきたときは、鼻や口をハンカチ等で覆い、身をかがめて避難する。

・エレベーターは動いていても乗らないで、階段やエスカレータを使う。

エレベーターに乗っていたら

・万一、階の途中で止まったら、あわてずにカゴ内の連絡用送受話器で連絡を取り、係員の指示に従って救出を待つ。

・天井の点検口やドアをこじ開けてカゴから無理に出ようとしない。



参考 「阪神淡路大震災 体験手記」を読む(サイト内リンク)